テレビ番組あれこれブログ

テレビ番組のあらすじや感想などの情報をお伝え致します!

朝ドラ わろてんかの感想 82話 キースが志乃を連れて帰阪

f:id:inch40:20170910124414j:plain

平成29年度後期連続テレビ小説「わろてんか」の感想です。

 

大阪に戻って来たキースは、東京から志乃という年配の女性を連れて来ました。志乃は、震災で大きなショックを受けて記憶を失っていました。志乃は、伊能の実母で、自分のの息子を伊能家に「売った」ことが分かりました。

 

大阪のお笑い「吉本興業」の創設者・吉本せいさんをモチーフに、人生に笑いをビジネスにした女性・藤岡てん(葵わかな)の奮闘を描きます。

 

82話 キースが志乃を連れて帰阪

 

大阪に戻って来たキースは、

東京から志乃という年配の女性を連れて来ました。

 

志乃は、

震災で大きなショックを受けて記憶を失っていました。

 

志乃を見た伊能の様子が、

いつもと違うことに気が付いた藤吉は、

志乃は、伊能の実母であることが分かりました。

 

志乃の若い頃は、

東京向島の芸者でした。

 

そして、

伊能の父の妾であったのです。

 

伊能家の嫡男が病弱であったために、

手切れ金と引き換えに、

伊能家に引き取られたこと分かりました。

 

伊能は、

母親から見捨てられたと思い込み、

志乃のことを恨んでいたのでした。

 

キースが渡米して以来、

新たな相方を見つけることが出来なかったアサリは、

キースとの再結成を望んでいました。

 

しかし、

アサリは、震災のショックで、

笑うことが出来る状況ではありませんでした。

 

朝ドラ わろてんかの感想 82話 キースが志乃を連れて帰阪でした。