テレビ番組あれこれブログ

テレビ番組のあらすじや感想などの情報をお伝え致します!

朝ドラ わろてんかの感想 50話 風太の不審な北村家訪問

f:id:inch40:20170910124414j:plain

 

平成29年度後期連続テレビ小説「わろてんか」の感想です。

 

京都から大きな荷物を持って北村家に訪問した風太に、大阪に来た理由を尋ねるも、風太は口を割りませんでした。風太も交えた夕食をと藤吉の帰りを待っていたてんですが、準也の兜を買い忘れたばかりか、てんが支度した夕食も台無しにしてしまいました。

 

大阪のお笑い「吉本興業」の創設者・吉本せいさんをモチーフに、人生に笑いをビジネスにした女性・藤岡てん(葵わかな)の奮闘を描きます。

 

50話 風太の不審な北村家訪問

 

京都から大きな荷物を持って、

北村家に訪問した風太に、

大阪に来た理由を尋ねるも、

風太は口を割りませんでした。

 

大阪へ来た理由に、

何か意味ありげな風太でした。

 

子守や家事をするてんの姿を見て、

何か手伝わざるを得ない気持ちの風太でした。

 

その日の夜、てんの勧めで、

風太が北村家に泊まることになりました。

 

風太も交えた夕食にしようと藤吉の帰りを待つものの、

深夜に帰宅した藤吉は泥酔状態でした。

 

準也のための兜を買うてんとの約束を忘れた上に、

せっかくてんが支度した夕食も、

転倒した弾みで台無しにしてしまいました。

 

藤吉の振る舞いに激怒した風太は、

北村家を飛び出してしまいました。

 

翌日も、

準也のための兜を買うのを失念してしまった藤吉ですが、

風鳥亭に、東京にいるはずのリリコが来たのです。

 

朝ドラ わろてんかの感想 50話 風太の不審な北村家訪問でした。