テレビ番組あれこれブログ

テレビ番組のあらすじや感想などの情報をお伝え致します!

朝ドラ わろてんかの感想 49話 てんの長男・隼也が誕生

f:id:inch40:20170910124414j:plain

 

平成29年度後期連続テレビ小説「わろてんか」の感想です。

 

てんと藤吉の間に長男・隼也が誕生し、風鳥亭の経営も順調に推移し、従業員も増えました。てんは、寄席の仕事・育児と忙しさを極める毎日でした。藤吉は、てんと隼也を守るべく、売り上げを伸ばす方策を伊能に相談。二軒目の寄席を経営することを決意しました。

 

大阪のお笑い「吉本興業」の創設者・吉本せいさんをモチーフに、人生に笑いをビジネスにした女性・藤岡てん(葵わかな)の奮闘を描きます。

 

49話 てんの長男・隼也が誕生

 

てんと藤吉の間に長男・隼也が誕生し、

風鳥亭の経営も順調に推移し、

従業員も増えました。

 

てんは、

寄席の仕事に育児と、

忙しさを極める毎日を送っていました。

 

藤吉は、

てんと隼也を守るべく、

売り上げを伸ばす方策を伊能に相談します。

 

相談の結果、

新たに二軒目の寄席を経営することを決意し、

藤吉は、二軒目の寄席を探しに歩きました。

 

藤吉の外出が増えるたため、

てんには負荷がかかります。

 

隼也の目を離した隙に、

隼也がいなくなってパニックのてんでしたが、

風太が隼也を連れ戻すのでした。

 

朝ドラ わろてんかの感想 49話 てんの長男・隼也が誕生でした。