テレビ番組あれこれブログ

テレビ番組のあらすじや感想などの情報をお伝え致します!

朝ドラ わろてんかの感想 45話 伊能が昼間の興行を提案

f:id:inch40:20170910124414j:plain

 

平成29年度後期連続テレビ小説「わろてんか」の感想です。

 

商売に工夫を重ねるてんの才覚に注目した伊能は、てんと藤吉に「活動写真の商売にてんの商才を使いたい。」と言いました。啄子は、風鳥亭の仕事を手伝うことを条件に伊能の頼みを応諾します。夜間だけでなく、昼間も老人と女性が多いことに着目し、昼間の寄席を始めました。

 

大阪のお笑い「吉本興業」の創設者・吉本せいさんをモチーフに、人生に笑いをビジネスにした女性・藤岡てん(葵わかな)の奮闘を描きます。

 

45話 伊能が昼間の興行を提案

 

冷やし飴を寄席の中で売るなど、

商売に工夫を重ねるてんの才覚に注目した伊能は、

てんと藤吉に「活動写真の商売にてんの商才を使いたい。」と、

言いました。

 

啄子は、

風鳥亭の仕事を手伝うことを条件に、

伊能の頼みを応諾します。

 

夜間だけでなく、

昼間にも老若や女性を相手に、

寄席を開いてはどうかと伊能が提案しました。

 

ほどなくして、

風鳥亭の昼間の興行が始まりました。

 

老人や女性が、

次々と風鳥亭に詰め掛け、

大盛況の風鳥の亭昼間興行でした。

 

東京では、

リリコが売れっ子の娘義太夫として、

新聞に取り上げられるまでになっていました。

 

風鳥亭には、

風太の姿がありましたが、

なんだか沈んだ表情を浮かべているのでした。

 

朝ドラ わろてんかの感想 45話 伊能が昼間の興行を提案でした。