テレビ番組あれこれブログ

テレビ番組のあらすじや感想などの情報をお伝え致します!

朝ドラ わろてんかの感想 39話 藤吉と伊能がケンカする

f:id:inch40:20170910124414j:plain

 

平成29年度後期連続テレビ小説「わろてんか」の感想です。

 

「風鳥亭」を開業したものの客足が減る一方でした。藤吉は、人気落語家に出演を依頼するものの相手にはされませんでした。「風鳥亭」の置かれた状況を察した伊能は、藤吉を飲みに誘い、興行経営に対する考えの違いから激しい口論をし、ケンカしてしまいました。

 

大阪のお笑い「吉本興業」の創設者・吉本せいさんをモチーフに、人生に笑いをビジネスにした女性・藤岡てん(葵わかな)の奮闘を描きます。

 

39話 藤吉と伊能がケンカする

 

念願の「風鳥亭」を開業したものの、

客で賑わったのは初日だけで、

客足は減る一方でした。

 

藤吉は、

人気落語家に出演を依頼するものの、

相手にはされませんでした。

 

自分の寄席に出演してくれる芸人や落語家探しに、

疲れて帰って来た藤吉を待っていたのは、

伊能でした。

 

「風鳥亭」の置かれた状況を察した伊能は、

藤吉を飲みに誘いました。

 

お互いの興行経営に対する考えの違いから、

激しい口論となってしまい、

ケンカしてしまいました。

 

しかし、乱闘の末に、

藤吉と伊能は、

意気投合しました。

 

泥酔した藤吉は、

伊能を連れて帰宅しました。

 

伊能は、

活動写真の事業の夢を、

てんや啄子に語りました。

 

北村家を立ち去る際に、

てんに「伝統派の頂点に立つ文鳥師匠に会ってみよと」、

と告げました。

 

文鳥師匠なる人物が、

「風鳥亭」に客を呼ぶきっかけになるのでしょうか。

 

朝ドラ わろてんかの感想 39話 藤吉と伊能がケンカするでした。