テレビ番組あれこれブログ

テレビ番組のあらすじや感想などの情報をお伝え致します!

陸王 感想 第2話 熱意で勝ち取った特殊素材シルクレイ

f:id:inch40:20160923195357p:plain

2017年10月29日(日)放送の役所広司主役のドラマ「陸王」第2話感想です。ランニングシューズの靴底ソール部分に使いたい特殊素材「シルクレイ」は、4代目社長・宮沢紘一(役所広司)の熱意で勝ち取ることが出来ました。素材のみならずシルクレイの特許を持っている飯山晴之(寺尾聰)をこはぜ屋の「陸王」開発チームに迎えることになりました。

 

 

陸王 感想 第2話 熱意で勝ち取った特殊素材シルクレイ

 

2017年10月29日(日)に放送したドラマ「陸王」の

第2話感想です。

 

ランニングシューズ「陸王」を開発する上で、

欠かせないのが、新しい靴底ソールの開発。

 

重要な靴底ソールに使うにふさわしい新素材として、

飯山晴之(寺尾聰)が特許を持っている特殊素材「シルクレイ」でした。

 

しかし、

その飯山晴之(寺尾聰)の行方が分からなかったり、

やっと分かっても高額な特許料を要求され、

前途多難状態になりました。

 

何度も何度も、飯山晴之(寺尾聰)のところに出向き、

何度断られても「こはぜ屋」の工場を見に来ないかと誘う宮沢紘一(役所広司)の姿が。

 

ちなみに、

飯山晴之(寺尾聰)が、 宮沢紘一(役所広司)に、

手土産として渡していた饅頭「十万石まんじゅう」です。

 

何度も何度も、飯山晴之(寺尾聰)のところに出向き、

何度断られても「こはぜ屋」の工場を見に来ないかと誘う宮沢紘一(役所広司)の姿が。

 

特殊素材「シルクレイ」を完成させた飯山晴之(寺尾聰)の目には、

中小企業の工場経営で奮闘する宮沢紘一(役所広司)の姿が、

かつての自分を見ているように映っていたのかもしれませんね。

 

だから、特許の使用を認め、

かつ飯山晴之(寺尾聰)自身も、

「陸王」の開発に携わりたかったのでしょうね。

 

特殊素材「シルクレイ」を完成させた飯山晴之(寺尾聰)だったが、

実際の商品化までは完成出来ずに倒産させてしまったという悔しさも、

あったことだと思います。

 

ドラマ「陸王」第2話にして、

初めて、茂木(竹内涼真)が、

こはぜ屋の「陸王」に興味を持ってくれましたね。

 

飯山晴之(寺尾聰)も宮沢紘一(役所広司)も、

ものづくりという点においては、

お互い共通するところがあります。

 

だからこそ、

特許を使わせてもらえるようになったのですね。

 

ドラマ「陸王」第2話視聴率も順調な走り出し

 

2017年10月29日(日)放送のドラマ「陸王」第2話の視聴率は、

14.0%でした。

 

順調な走り出しを見せていますね。

第3話の放送も楽しみです。

 

【関連情報】

陸王 ドラマは全何話なのか スペシャルダイジェスト放送 - テレビ番組あれこれブログ

陸王 感想 第4話 茂木選手(竹内涼真)の足に陸王 村野が陸王に - テレビ番組あれこれブログ

陸王 感想 第3話 諦めなかった飯山と大地のソール開発成功 - テレビ番組あれこれブログ

陸王 感想 第2話 熱意で勝ち取った特殊素材シルクレイ - テレビ番組あれこれブログ

陸王 ドラマ 再放送というか早くも第1話ダイジェスト - テレビ番組あれこれブログ

陸王 感想 第1話 良い経営者に恵まれたこはぜ屋 - テレビ番組あれこれブログ

陸王のモデル企業はきねや足袋のMUTEKIだった - テレビ番組あれこれブログ

 

 陸王 感想 第2話 熱意で勝ち取った特殊素材シルクレイでした。