テレビ番組あれこれブログ

テレビ番組のあらすじや感想などの情報をお伝え致します!

先に生まれただけの僕 第3話 感想 数学や英語を学ぶ理由に納得

f:id:inch40:20160923195357p:plain

2017年10月29日(土)放送の櫻井翔主役のドラマ「先に生まれただけの僕(先僕)」第3話感想です。鳴海校長(櫻井翔)自らが数学の授業を行ったり、島津先生(瀬戸康史)の英語の授業などで、数学や英語を学んで社会で役に立つ理由が問われましたが、その理由に納得出来ました。

 

 

先に生まれただけの僕 第3話 感想 数学や英語を学ぶ理由に納得

 

2017年10月29日(土)に放送したドラマ「先に生まれただけの僕(先僕)」の

第3話感想です。

 

ドラマ「先に生まれただけの僕(先僕)」第3話では、

「数学や英語を学んで社会で役に立つ理由」が問われました。

 

誰しも学生時代、

同じような疑問を持った記憶があるのかもしれませんが、

第3話の放送で理解出来たのではないでしょうか。

 

この類の質問は、どの学校でも、

学校で学ぶ意義や理由を授業の冒頭部分で、

教えて欲しいものだと思いました。

 

鳴海校長(櫻井翔)の数学の授業に取り入れたのは、

アクティブラーニング型授業でした。

 

アクティブラーニング型とは、

能動的に学習に取り組む学習法のことです。

 

生徒自ら自主的に教え合うことで、

より深く理解を促すことを目的とした授業であった。

 

前校長は、

このアクティブラーニング型授業を拒否していたため、

授業に活かすことが出来なかったのだが、

島津先生(瀬戸康史)も賛成派だった。

 

鳴海校長(櫻井翔)に歩み寄る教師が、

ようやくあらわれたのは良かったですね。

 

英語を学ぶ理由by島津先生(瀬戸康史)

 

しかも、

英語を学ぶ理由に納得しましたね。

 

これから少子高齢化が進みます。日本の市場が小さくなります。

外国人労働者が増えることになるでしょう。

 

世界中から情報を得ることも必要になる。

英語を身につけるということは、

幸せな将来をつかむ近道になる。

 

 これが君たちが英語を学ぶ理由です

 

数学を学ぶ理由by鳴海校長(櫻井翔)

 

鳴海校長(櫻井翔)も数学を学ぶ理由を語ります。

 

数学がなんの役に立つのかって。

やっぱり役に立ってる。

 

数学って、答えにたどり着く道筋を探すものだと思うのです。

正しい判断をする力を身につけることを鍛えることになる。

 

数学に強かったら、儲け話を判断できる。

正しい判断をする力を身につけられる。

 

それが、

僕に対する質問の答えです。

 

 

 

今後の京明館高校の授業方針は、

アクティブラーニング型授業になるのでしょうか。

 

鳴海校長(櫻井翔)も、

やっと教師という自覚が出てきたのかもしれませんね。

 

ドラマ「先に生まれただけの僕」第3話視聴率

 

ドラマ「先に生まれただけの僕」の第3話視聴率は、

10.5%でした。

 

第2話の視聴率が、7.5%だったので、

大幅にアップしました。


第4話以降の放送も楽しみです。(2017年11月1日追記)

 

【関連情報】

先に生まれただけの僕 猫校長グッズ、10月13日発売決定 - テレビ番組あれこれブログ

先に生まれただけの僕 感想 第1話 「奨学金」背負う問題 - テレビ番組あれこれブログ

先に生まれただけの僕 感想 第2話 スクールカーストと及川辞職 - テレビ番組あれこれブログ

先に生まれただけの僕 第3話 感想 数学や英語を学ぶ理由に納得 - テレビ番組あれこれブログ

先に生まれただけの僕 第4話 感想 線引きの理不尽さを学んだ3年生 - テレビ番組あれこれブログ

先に生まれただけの僕 第5話 感想 ペップトークと迫力のパフォーマンス - テレビ番組あれこれブログ

 

先に生まれただけの僕 第3話 感想 数学や英語を学ぶ理由に納得でした。