テレビ番組あれこれブログ

テレビ番組のあらすじや感想などの情報をお伝え致します!

朝ドラ わろてんかの感想 17話 石川チョコ衛門に笑うてん

f:id:inch40:20170910124414j:plain

 

平成29年度後期連続テレビ小説「わろてんか」の感想です。

 

蔵の中に閉じ込められたてんは、食事に手を出そうとせず、笑いが完全に消え去ってしまいました。大阪から駆けつけた北村屋の番頭の知らせで、母が倒れたと聞く。実家に戻る前に、てんの笑顔を取り戻そうと、石川チョコ衛門で、てんを満面の笑顔にしました。

 

大阪のお笑い「吉本興業」の創設者・吉本せいさんをモチーフに、人生に笑いをビジネスにした女性・藤岡てん(葵わかな)の奮闘を描きます。

 

17話 チョコ衛門に笑うてん

 

てんを励まそうと考えた藤吉は、

藤岡家の蔵までやって来ましたが、

風太に見つかり締め上げられてしまいました。

 

風太が、藤吉に放った、

「てんをあきらめろ」という言葉によって、

藤吉は、てんへの気持ちに気が付くのでした。

 

蔵の中に閉じ込められたてんは、

食事に手を出そうとせず、

笑顔が完全に消えてしまいました。

 

てんの支えは、

夜な夜な蔵の外から励ます藤吉でした。

 

そんなてんを見るに見かねて、

風太は、伊能のもとを訪問して、

てんの縁談をもう一度考えて欲しいと懇願しました。

 

しかし、

風太の願い空しく叶いませんでした。

 

大阪から駆けつけて来た北村屋の番頭が、

藤吉の前に姿を現しました。

 

大阪の実家の母が倒れたという知らせを受けた藤吉は、

実家に戻る前にてんの笑顔を取り戻そうと決心しました。

 

藤岡家の蔵に再びやって来た藤吉は、

得意のチョコ衛門で満面の笑顔にしました。

 

しかし、

その様子を見ていた儀兵衛に、

抑えられてしまうのでした。

 

やっと、

てんの笑顔が見られて嬉しかったです。

 

「石川チョコ衛門」 で、

満面の笑顔になったのは、

単純に面白かったからだけではないのでと思います。

 

やっぱり、

恋愛感情があるからこその反応なのでしょうか。

 

 朝ドラ わろてんかの感想 17話 チョコ衛門に笑うてんでした。