テレビ番組あれこれブログ

テレビ番組のあらすじや感想などの情報をお伝え致します!

朝ドラ わろてんかの感想 15話 藤吉を蔵の中にかくまう

f:id:inch40:20170910124414j:plain

 

平成29年度後期連続テレビ小説「わろてんか」の感想です。

 

大喧嘩に巻き込まれ、怪我を負った藤吉を、てんは藤岡家の蔵の中にかくまいました。てん、りん、トキの3人で、藤吉の看病をしたのでした。リリコが藤岡家の店に乗り込み、藤吉を返せと騒ぎを起こし、ついに儀兵衛に蔵にかくまう藤吉を引きずり出す騒動になりました。女の執念を感じた第15話でした。

 

大阪のお笑い「吉本興業」の創設者・吉本せいさんをモチーフに、人生に笑いをビジネスにした女性・藤岡てん(葵わかな)の奮闘を描きます。

 

15話 藤吉を蔵の中にかくまう

 

大喧嘩に巻き込まれ、

怪我を負った藤吉を、

てんは藤岡家の蔵の中にかくまいました。

 

風太も、蔵にいられるのは、

怪我が治るまでと言いながらも、

てんへの協力を惜しみませんでした。

 

てん、りん、トキの3人で、

藤吉の看病をしたのでした。

 

そんな中、

リリコが藤岡家の店に乗り込みました。

 

「藤吉を返せ」と騒ぎを起こしたため、

ついに儀兵衛に蔵にかくまう藤吉を、

引きずり出す騒動になりました。

 

リリコがどうして、

藤岡家に藤吉をかくまっていることを知ったのかは、

定かではありませんが、

何か女の執念を感じざるを得ません。

 

「取りに行かなければ、取られてしまう。」

リリコが、風太に語った言葉でが印象的でした。

 

朝ドラ わろてんかの感想 15話 藤吉を蔵の中にかくまうでした。