テレビ番組あれこれブログ

テレビ番組のあらすじや感想などの情報をお伝え致します!

朝ドラ わろてんかの感想 13話 てんと藤吉が再会果たす

f:id:inch40:20170910124414j:plain

 

平成29年度後期連続テレビ小説「わろてんか」の感想です。

 

てんと藤吉が再会を果たしました。藤吉が旅に出て8年という歳月が経っていました。儀兵衛は、てんの婿探しを続けていました。女中のトキに連れられて当たると噂の占い師のもとに足を運んだてんに、「運命の人は藤吉」と言われました。

 

大阪のお笑い「吉本興業」の創設者・吉本せいさんをモチーフに、人生に笑いをビジネスにした女性・藤岡てん(葵わかな)の奮闘を描きます。

 

13話 てんと藤吉が再会果たす

 

てんと藤吉が再会を果たしました。

藤吉が旅に出て8年という長い歳月が、

経っていました。

 

儀兵衛は、

てんの婿探しを続けて、

何人かの見合い写真をてんのもとに届けました。

 

女中のトキに連れられて、

良く当たると噂の占い師のもとに足を運びました。

 

儀兵衛の持って来た見合い写真の中から、

最良の婿を探すためでした。

 

しかし、

どの見合い写真も、

良縁とは言われませんでした。

 

そして、

「運命の人は藤吉」だと、

言われてしまいました。

 

藤吉への思いを募らせていくてんに対して、

良く思わない人・凛々子がいました。

 

朝ドラ「わろてんか」第3週にして、

早くも三角関係となってしまいました。

 

てんは、

誰と結ばれるのでしょうかねぇ。

 

朝ドラ わろてんかの感想 13話 てんと藤吉が再会果たすでした。