テレビ番組あれこれブログ

テレビ番組のあらすじや感想などの情報をお伝え致します!

ぼくは麻理のなか 最終回の結末はハッピーエンド?

f:id:inch40:20160923195357p:plain

 

ある日目覚めたら「ぼくは麻里になっていた」。ぼっち大学生が、女子高生の中と入れ替わってしまう新感覚の「ぼくは麻理のなか」が、実写地上波でドラマ化されます。麻理はどこに行ってしまったのか。2人は元の体に戻ることが出来るのか。「ぼくは麻理のなか」最終回の結末はハッピーエンド?なのか。

 

2017年秋ドラマ情報です。

ぼくは麻理のなか 最終回の結末はハッピーエンド?

 

 

番組情報

 

■タイトル:ぼくは麻理のなか

 

■放送日:2017年10月16日(月) 25:00スタート

 

■放送局:フジテレビ

 

■出演者:池田エライザ、吉沢亮、中村ゆりか

 

■主題歌Shiggy Jr. 「僕は雨のなか」

 

■原作:押見修造 「ぼくは麻理のなか」

 

ぼくは麻理のなか 最終回の結末はハッピーエンド?

 

2017年10月16日(月) 25:00からは、

池井戸潤原作のドラマ「ぼくは麻理のなか」が放送されます。

 

ドラマ「ぼくは麻理のなか」は、

漫画家・押見修造さんの作品です。

 

ゾクゾクするほど面白く、

実写化を望む声も多かった作品です。

 

ぼっち大学生でコミュ障の引きこもり小森功(吉沢亮)が、

コンビニで遭遇する女子高生の吉崎麻理(池田エライザ)の中に、

入ってしまうという新感覚ストーリーにご期待です。

 

ドラマ「ぼくは麻理のなか」あらすじ/ネタバレ

 

2012年。上京後、

友人作りに失敗したことが原因でまともに大学にも行けず、

部屋に引きこもりがちな青年・小森功。

 

唯一の楽しみは行きつけのコンビニで見かける、

とある女子高生を尾行すること。

 

だがある日、

いつものように彼女の後をつけていると異変が起こる。

 

女子高生は足を止め、後ろを振り返り、

功の方を見た。その時少女は、わずかに微笑んでいた。

功の意識はそこで途切れた。

 

翌朝、気付くと功は見知らぬ部屋にいた。

 

そして鏡に映っていたのは1人の女の子、

彼がひそかに「コンビニの天使」と呼んでいた女子高生・吉崎麻理だった。

 

突然の出来事に困惑しながら「麻理」の姿のまま女子高生として過ごす功だったが、

やがて彼は「本物の麻理はどこへ行ってしまったのか?」と気付く。

 

そんなある日、「麻理」のクラスメイト・柿口依が、

「麻理」が外見は同じだが中身が別人となっていることに気が付く。

 

功は、

依や「もう一人の功」の協力を得ながら、

元に戻る方法を模索していく。

 

そして、幼少期の麻理と彼女の母親との間の過去や、

それが原因で今回の事件が発生したこと、

また、麻理の中にいる功は、麻理が現実から逃避するために、

「もう一人の功」をもとにして創られた麻理の別人格であることを突き止める。

 

ぼくは麻理のなか 最終回の結末はハッピーエンド?でした。