テレビ番組あれこれブログ

テレビ番組のあらすじや感想などの情報をお伝え致します!

北斎の娘 ドラマは宮崎あおいが葛飾北斎の出戻り娘役で松田龍平と共演

f:id:inch40:20160923195357p:plain

2017年9月18日(月)は、宮崎あおいさんが主演の「眩(くらら)~北斎の娘~」を放送します。宮崎あおいさん演じる葛飾北斎の出戻り娘・お栄と松田龍平さん演じる善次郎が、絵師の世界を4Kドラマとして描きます。

 

2017年秋ドラマ情報です。

北斎の娘 ドラマは宮崎あおいが葛飾北斎の出戻り娘役で松田龍平と共演

 

 

番組情報

 

■タイトル:眩(くらら)~北斎の娘~

 

■放送局:NHK

 

■放送日:2017年9月18日(月) 19:30スタート

 

■出演者:宮崎あおい、松田龍平、三宅弘城、余貴美子、野田秀樹、長塚京三

 

■原作:朝井まかて 「眩(くらら)」

 

北斎の娘 ドラマは宮崎あおいが葛飾北斎の出戻り娘役で松田龍平と共演

 

2017年9月18日(月)は、

宮崎あおいさんが主演のドラマ「眩(くらら)~北斎の娘~」が、

放送されます。

 

「芸術の秋」だからと言う訳ではありませんが、

葛飾北斎の出戻り娘・お栄と、

松田龍平さん演じる善次郎が、

絵師の世界を4Kドラマとして描きます。

 

葛飾北斎は、

アメリカの有名雑誌「この千年でもっとも重要な功績を残した100人」で、

唯一選ばれた日本人として有名です。

 

江戸時代後期の浮世絵師である葛飾北斎の作品は、

「冨嶽三十六景」などがあります。

 

NHKの朝ドラ「あさが来た」では、

あさの2歳年上の姉、今井家の長女・今井はつ役を演じました。

 

眉山惣兵衛と結婚した後は、

菊の嫁いびりに耐え続ける生活を送ったり、

山王寺屋廃業による夜逃げをしたりと大変でしたね。

 

宮崎あおいさんと松田龍平と共演が楽しみな、

ドラマ「眩(くらら)~北斎の娘~」です。

 

ドラマ「眩(くらら)~北斎の娘~」あらすじ/ネタバレ

 

江戸の天才絵師・北斎の三女として生まれたお栄(宮崎)は、

町絵師である吉之助と夫婦になったものの、

箸を持つより絵筆を持つのが好きで、

父であり、師である北斎(長塚)の元に嫁ぎ先から戻ってきた。

 

そこから“超えられぬ高き壁・北斎”の絵の手伝いが始まる。

 

そんな中、

お栄は北斎の弟子筋の絵師・善次郎(松田龍平)にだけは、

苦しみや悩みを話すことができた。

 

それは思うに任せない、

「出戻りお栄」の密かな恋心だった。

 

生まれながらにして、

北斎という大きな背中を見てきたお栄は、

父・北斎を手伝う中で、

「色」というものに執着を始める。

 

そして、

北斎の代表作である「富嶽三十六景」が完成したときにも、

そばにはお栄がいた。

 

父が高齢となり、

思うがままに筆を動かせなくなってからも、

お栄は父の「筆」として北斎の絵を描き続ける。

 

やがて時は過ぎ、

心の中で常によりどころであった善次郎そして、

北斎もこの世を去る。

 

60歳を過ぎたお栄の手に残ったのは、

やはり絵筆であった…。

 

北斎の娘 ドラマは宮崎あおいが葛飾北斎の出戻り娘役で松田龍平と共演でした。