テレビ番組あれこれブログ

テレビ番組のあらすじや感想などの情報をお伝え致します!

セシルのもくろみ 感想 3話 しゃべる電子レンジに驚き

f:id:inch40:20160923195357p:plain

7月27日木曜日「セシルのもくろみ」第3話が放送されました。第3話では、ハマユカ・浜口由華子(吉瀬美智子)が抜けた穴を埋めようと奈央(真木よう子)と江里(伊藤歩)が試行錯誤しながら張り切る姿が描かれています。

 

しゃべる電子レンジに驚き

 

「セシルのもくろみ」第3話の放送が、

2017年7月27日木曜日に放送されました。

 

雑誌「ヴァニティ」の専属モデル2人が解雇され、

読者モデルから専属モデルに昇格という話が持ち上がり、

奈央と江里は、はりきってネタ探しをしていました。

 

雑誌のネタ探しってあんな感じで探すなんて、

結構地道な仕事なんですね。

 

でも、どんな職業でも裏側は結構地味かな、

と思いながら見てました。

 

そんな中、ハマユカがものもらいを患ってしまい、

この先予定されていた撮影がすべてキャンセルになってしまいます。

 

カバーモデル1人の撮影がキャンセルになってしまったら、

周りが本当に大変な事なんですね。

 

確かに印刷とか、いつ校了するかわからないし、

雑誌を作る編集者の仕事って大変なんだな、

ってしみじみ感じました。

 

そこで洵子は編集長の南条(リリー・フランキー)に、

由華子の代わりを、

街頭スカウト10数人を加えた読者モデル15人に任せてはもらえないか、

と代案を出します。

 

編集長に了承をもらった洵子はすぐさまライター、

読者モデルたちに指示を出します。

 

読者モデル約25人いればなんとかなりそうだけど、

雑誌つくりってそんなに甘いものじゃないんですね。

 

他のライター、

読者モデルたちがめったにないチャンスをものにしようと躍起になる中、

奈央は1人、ハマユカの自宅へ向かいます。

 

以前、ハマユカの自宅前でハマユカの夫が

泥酔状態で倒れているのを奈央は見ていたので、

ハマユカはものもらいではなく、

本当は夫からのDVではないかと気付いたんですね。

 

ハマユカを心配する気持ちは分かりますが、

「失礼します」とは言いながら、

勝手に眼帯をはずしたり、買い物いったり、料理作ったり

ちょっと強引すぎやしないかと思いました。

 

しばらくして、

ハマユカの夫がアル中ではないかという記事が

雑誌に載るかもしれない、という事件が起きます。

 

実際には載らずに済んだのですが、

その後撮影に復帰したハマユカに奈央は

「我慢してるんじゃないですか」と問いかけます。

 

「モデルも家庭も手放すつもりはない」とのハマユカの答えを聞いて、

自分の目指しているところは違う、と奈央は感じます。

 

きっと奈央はモデル・ハマユカではなく、

人間・浜口由華子が好きなんでしょうね。

だから、自分に素直に生きてほしいと願っているのでしょう。

その想い、今はハマユカには通じてはいないようですが。

 

今回の第3話では、

奈央とハマユカの距離がグッと近づいたのですが、

また少しづつ離れていったように思えます。

 

もしかして、

奈央がハマユカに対抗できる程のモデルに成長するとか、

あるんではないでしょうか。

 

ハンバーグのタネに隠し味として、

お味噌とマヨネーズを入れるのは知りませんでした。

 

そして、

「ハンバーグにあう一品ですね。」と、

しゃべる赤い電子レンジが気になりました。

 

AIが搭載されているのですね。

この電子レンジは、

SHARPのヘルシオAX-XW300-R[レッド]です。

 

しゃべる電子レンジがあると、

お料理作りが楽しくなりますね。

 

今後の展開が、

ますます楽しみですね。

 

第3話の視聴率は4.8%でした。

前回が4.5%でしたので少しアップですが

かなり苦戦していますね。

 

【関連記事】

セシルのもくろみ 感想 ヤフー同様「意外と伊藤歩が良かった」第1話 - テレビ番組あれこれブログ

セシルのもくろみ 感想 ヤフー同様「主婦のサクセスストーリー」第2話 - テレビ番組あれこれブログ

セシルのもくろみ 感想 3話 しゃべる電子レンジに驚き - テレビ番組あれこれブログ

セシルのもくろみ 感想 4話 モデル・宮地奈央のプライド - テレビ番組あれこれブログ

セシルのもくろみ 感想 5話 読者モデル、卒業 - テレビ番組あれこれブログ

セシルのもくろみ 感想 6話 宮地がモデルに抜擢 - テレビ番組あれこれブログ

 

セシルのもくろみ 感想 3話 しゃべる電子レンジに驚きでした。