読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビ番組あれこれブログ

テレビ番組のあらすじや感想などの情報をお伝え致します!

クライシス 視聴率 速報と感想 第2話稲見の高速格闘シーンすごかった

f:id:inch40:20160923195357p:plain

4月18日火曜ドラマ「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」第2話が放送されました。ジャーナリストが田丸三郎(西島秀俊)に伝えようとした国家の危機とは与野党トップらの児童買春でした。しかしこれもまた政府によってもみ消されてしまいました。田丸は「この腐ったシステムを変えてみせる」と強く宣言しました。

 

 

稲見の高速格闘シーンがすごかった第2話感想

 

火曜ドラマ「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」が、

2017年4月18日(火)に放送されました。

 

脚本と原案は深夜にもかかわらず大ヒットした、

「SP 警視庁警備部警護課第四係」の金城一紀さんが手がけます。

 

息つく間もないような緊迫のアクションシーンと、

展開に期待が高まります。

 

訓練中の田丸三郎(西島秀俊)に、

フリージャーナリストの古垣伸一郎(大西武志)から、

国家の危機に関わることだから今夜会って欲しいと頼まれます。

 

待ち合わせ場所に着くと田丸の目の前で毒物を注入され、

古垣が泡を吹いて「アリス」と言い残して倒れてしまいます。

 

田丸はその場を去り急いで会社へと向かいます。

そして病死だと発表されたがシアン化合物による、

中毒死だと断言し報告をします。

 

特捜班は古垣が保険のために送っていた、

写真の家を捜索し始めることにします。

 

田丸と稲見朗(小栗旬)が古垣の家に向かうと、

すでに殺し屋が物色していました。

 

田丸が襲われてしまい稲見も駆けつけようとしますが、

殺し屋がエレベーターで降りてきて格闘が始まります。

 

しかし一般人を人質にとられ、

逃げられてしまいました。

 

翌日、吉永三成(田中哲司)は、

いきなり証言が取れなくなったとしてこの事件は、

政府が関わっている可能性があると言います。

 

大山玲(新木優子)は古垣が送ってきた写真には、

GPSがついていたことに気づき家を特定し、

その場所にはデータが隠されていました。

 

写真の家に立ち入りますが住んでいる様子がなく、

近所の人に聞くと「西尾」という家族が住んでいたが、

一昨日引っ越したと話します。

また、2週間前に娘が救急車で運ばれたのだといいます。

 

運ばれた病院に行くと意識不明の少女と、

ジャーナリストにいろいろと話してしまったと、

逃げようとするもう一人の少女がいました。

 

意識不明の少女は「アリス」という名前で、

乱暴な客にいつか殺されるかもしれないと話していたといいます。

民家で児童買春を行っていたのです。

 

民家に出入りしていたのは、

与野党の政治家や評論家たちばかりでした。

 

田丸は鍛冶大輝(長江京三)に呼び出され、

捜査をやめるように促されますが、

「私は警察官です。この件を見逃すわけにはいきません」

と言い返します。

 

しかし鍛冶は、

「今は監視を続けるだけの方がいい。

アリスに暴力を振るった相手に会って黙っておく代わりに、

治療費を一生払うと約束させた」と言います。

 

いつかこの腐ったシステムを変えてみせると言い残し、

部屋を出ていく田丸。

 

その頃特捜班の部屋を出ていった稲見は、

アリスの病室へやってきた殺し屋を待ち伏せしていました。

そして二度と姿を現すなと脅して追い返しました。

 

田丸は林千種(石田ゆり子)と教会で会い、

今月分といいお金を渡しました。

 

夫はいつ帰ってくるのかと聞く千種に、

田丸はそう長くはないだろうと答えます。

 

そして去ろうとする千種にもう少しそばにいてくださいと言い、

そのまま2人で座っていました。

 

その後、

神谷透議員(石黒賢)が官房長官に就任したニュースが流れ、

その運転手こそがアリスを襲おうとしていた男でした。

 

隠蔽しようとしていた男の雇い主は、

神谷議員だったのですね。

 

また田丸と千種の関係もまだ謎だらけですので、

今後の展開が気になります。

 

第3話では、

平成維新軍が再び登場し犯行声明文を送りつけ、

権力を悪用している者たちを排除するとテロを起こします。

 

稲見と田丸が向ける銃口の先の犯人は、

一体どうなってしまうのでしょうか。

 

ドラマ「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」第2話視聴率

 

第2話の視聴率は、

11.2%でした。

 

1話よりも少し下がってしまいましたが、

まだ2桁をキープしています。

 

2話で稲見とのアクションシーンを演じたのは、

「ジャパンアクションアワード」最優秀ベストアクション男優賞を

受賞した山口祥行さんでした。

 

かなりのスピード感で迫力のある格闘シーンで、

とても見ごたえがありました。

 

山口さん演じる殺し屋に二度と姿を現すなと約束していましたが、

もう高速格闘シーンは見れないのでしょうか?

また最終回付近に出てきて欲しいですね。

 

今後のアクションシーンも楽しみです。

 

【関連情報】

クライシス 主題歌のビバリー曲名が話題になった第1話感想 - テレビ番組あれこれブログ

クライシス 視聴率 速報と感想 第2話稲見の高速格闘シーンすごかった - テレビ番組あれこれブログ

クライシス ドラマ 視聴率と感想3話 平成維新軍の前身はハッカー集団 - テレビ番組あれこれブログ

クライシス ドラマ 視聴率と感想 国家の闇が深まる第4話 - テレビ番組あれこれブログ

クライシス ドラマ 視聴率 感想5話 潜入捜査の真相は神谷の仕業 - テレビ番組あれこれブログ

クライシス ドラマ 感想 6話 テロ実行の真実を知った - テレビ番組あれこれブログ

クライシス ドラマ 視聴率 感想7話 維新軍はまだ消えない - テレビ番組あれこれブログ

 

クライシス 視聴率 速報と感想 第2話稲見の高速格闘シーンすごかったでした。