読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビ番組あれこれブログ

テレビ番組のあらすじや感想などの情報をお伝え致します!

朝ドラ ひよっこの感想 15話 採用された聖火リレー案

f:id:inch40:20170311161304j:plain

平成29年度前期連続テレビ小説「ひよっこ」の感想です。

 

三男の訴えが青年団長・太郎の心を動かし、聖火リレーの企画が受け入れられました。青年団の面々は、聖火リレーの成功に向けて準備に取り掛かります。迎えた聖火リレー当日、みね子は渡されたトーチを点火台に火を灯すのでした。

 

「金の卵」として、激動の時代に大都会で社会に揉まれながら、自分の殻を破って大きく成長するみね子の姿を描く朝ドラ「ひよっこ」です。

 

15話 採用された聖火リレー案

 

三男の訴えが青年団長・太郎の心を動かして、

三男たちの提案した聖火リレーの企画が受け入れられました。

 

太郎の鶴の一声により、

青年団の面々の心はひとつとなって、

聖火リレーの成功に向けて準備が進められていきました。

 

みね子と美代子は、

聖火リレーの開催を村中に知らせるチラシを作成。

 

時子と君子は、

走者の胸に貼り付けるゼッケンの製作。

 

三男と太郎は、

トーチに火をつける点火台の準備を行いました。

 

そして、

迎えた昭和39年10月4日。

 

「奥茨城村聖火リレー」の当日を迎えました。

 

第1走者の三男が、

奥茨城への感謝を胸に涙ながらに走り始めました。

 

そして、アンカーを務めるみね子に、

トーチが手渡されました。

 

みね子は、

最終コースを走り終えると、

点火台に火を灯すのでした。

 

朝ドラ ひよっこの感想 15話 採用された聖火リレー案でした。