読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレビ番組あれこれブログ

テレビ番組のあらすじや感想などの情報をお伝え致します!

クライシス 主題歌のビバリー曲名が話題になった第1話感想

f:id:inch40:20160923195357p:plain

4月11日火曜ドラマ「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」第1話が放送されました。開始冒頭16分35秒は、絶対に見逃すことのできないシーンとなっていました。「クライシス」の主題歌は、Beverly(ビバリー)の「I need your love」でしたが、サビの部分に圧倒しました。小栗旬と西島秀俊が1年前から練習してきたアクションシーンに魅せられ、見入ってしまいました。

 

 

Beverly(ビバリー)の「I need your love」

 

火曜ドラマ「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」が、

2017年4月11日(火)に放送されました。

 

「クライシス」の主題歌を歌うのは、

フィリピン出身の女性シンガーBeverly (ビバリー)さんです。

 

主題歌「I need your love」は、

2017年5月31日の「AWESOME」の中に収録されます。

 

CDの収録内容ですが、

  1. Tell Me Baby
  2. Too Much
  3. I need your love
  4. Dance in the Rain
  5. Mama Said
  6. Unchain My Heart
  7. 今もあなたが...
  8. Nowhere to go...
  9. Empty
  10. Never Ever
  11. Just ones again
  12. Sing my soul

となっています。

 

特捜班が始動開始した第1話感想

 

脚本と原案は深夜にもかかわらず大ヒットした、

「SP 警視庁警備部警護課第四係」の金城一紀さんが手がけます。

 

息つく間もないような緊迫のアクションシーンと、

展開に期待が高まります。

 

神の光教団に潜入している林智史(眞島秀和)から、

テロが起こるとの緊急通報があり、

公安機動捜査隊特捜班を向かわせます。

 

標的となるのは文部科学大臣の岡元史明で、

新幹線での移動中に襲われると予測し、

ターゲットを捜索します。

 

写真から田丸三郎(西島秀俊)が、

ターゲットを発見し格闘の末無事に確保しました。

 

吉永三成(田中哲司)は確保した男の表情などから、

もう一人犯人が乗っていることを読み取り、

再び探すこととなります。

 

その頃稲見朗(小栗旬)は、

はじめに狙いをつけていた男の傍で待機していました。

 

もう一人の犯人の携帯に電話がかかり、

稲見はマークしていた男に声をかけると、

襲いかかってきて激しい格闘になります。

 

戦いの末確保しバッグの中を見ると、

既に爆弾のスイッチが押されていました。

 

そこで稲見は緊急停止ボタンで新幹線を止め、

事前に確認しておいた川の上に停車させ、

犯人と爆弾とともに川に飛び込みました。

 

この行動は組織とは規格外だと

問題になっていました。

 

この開始冒頭16分35秒は、

絶対に見逃すことのできないシーンとなっていました。

 

新幹線での激しいアクションと、

極寒の川に飛び込む小栗旬さんの役者魂を感じました。

 

そしてまた、

新たな事件が起こります。

 

宇田川圭介(白洲迅)は、

今まで数々の罪を犯し隠蔽を繰り返してきたが、

外務大臣である父親の権力に阻まれて、

逮捕できなかったと言います。

 

爆弾を首に巻かれた息子を助けるためには、

夜7時のニュースで父親が謝罪しなければならないということでした。

 

そこで特捜班は、

テロリストを捕獲し穏便に事を片付ける。

つまり新たな隠蔽作業を行うことになります。

 

現場に到着しそれぞれが宇田川を見て分析します。

見ただけで爆弾の種類や拉致されたことまで見抜くとは、

プロフェッショナルといえども凄すぎます。

 

水を与えることが許され宇田川に近づき、

拉致された場所・時間・心当たりを聞き出します。

 

駐車場のカメラに拉致された瞬間が写っていたが、

車両をたどるには時間がかかりすぎてしまうため、

宇田川の友人の佐川の家に行きます。

 

しかし佐川が逃げたため、

稲見と田丸で追いかけ確保します。

 

追いかけるシーンで田丸の見事な下り方に対し、

稲見は草むらにそのまま飛び降りて、

着地に失敗し痛がる姿に笑ってしまいました。

 

何も喋らない佐川に吉永三成(田中哲司)が、

諭し今までの罪を聞き出すが、

多すぎて犯人が絞れないと言います。

 

すると稲見はなぜこの場所を選んだのかと疑問に思い、

大山玲(新木優子)に調べてもらうと、

この場所で暴行された後自殺をした、

鳥越恵美という女性を見つけ出します。

 

夜7時まであと10分となった時、

宇田川の父親から電話がかかってきます。

 

期待を胸に電話に出ますが、

ニュースには出演しない事を告げられるのです。

 

犯人が爆弾のスイッチを押そうとしたとき、

稲見が話しかけます。

 

犯人は鳥越恵美の父親で、

警察官として宇田川の傍で警備をしていました。

 

稲見が鳥越に話しかけている隙に、

他のメンバーが爆弾の解除へ向かいます。

 

しかし宇田川のせいで気づかれてしまいますが、

咄嗟に動線を切り爆発を防ぎました。

 

ターゲットにされた宇田川圭介は、

最後の最後までクズでしたね。

 

犯人である鳥越は全て「平成維新軍」が計画し、

私はスイッチを押すだけだったのだと話しました。

 

そして事件は、

大学生グループのいたずらだったと報道された後、

すべての官公庁のホームページに、

平成維新軍からの犯行声明文が送られていました。

 

二年前、

森でガスマスクを装着した者に追われた男性が、

銃で殺されてしまいます。

 

そのガスマスクの男は稲見でした。

 

衝撃的な終わり方でしたが、

これが稲見の過去のトラウマとなっているのでしょうか。

 

クライシス第2話では、

国家の危機を訴えたフリージャーナリストが、

謎の中毒死を遂げます。

 

その死因を隠蔽しようと動いている殺し屋と、

激しい攻防戦を繰り広げます。

 

あと気になるところは、

稲見が野次馬の中で見つけた少年・今井悠貴くんは、

果たして平成維新軍なのかというところです。

 

ドラマ「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」第1話視聴率

 

第1話の視聴率は、

13.8%でした。

 

小栗さんと西島さんが1年前から練習していたというアクションは、

さすが息つく間もないほど圧倒されました。

「これからの格闘シーンや特捜班の過去がとても楽しみです。

 

【関連情報】

クライシス 主題歌のビバリー曲名が話題になった第1話感想 - テレビ番組あれこれブログ

クライシス 視聴率 速報と感想 第2話稲見の高速格闘シーンすごかった - テレビ番組あれこれブログ

クライシス ドラマ 視聴率と感想3話 平成維新軍の前身はハッカー集団 - テレビ番組あれこれブログ

クライシス ドラマ 視聴率と感想 国家の闇が深まる第4話 - テレビ番組あれこれブログ

クライシス ドラマ 視聴率 感想5話 潜入捜査の真相は神谷の仕業 - テレビ番組あれこれブログ

クライシス ドラマ 感想 6話 テロ実行の真実を知った - テレビ番組あれこれブログ

クライシス ドラマ 視聴率 感想7話 維新軍はまだ消えない - テレビ番組あれこれブログ

 

クライシス 主題歌のビバリー曲名が話題になった第1話感想でした。