テレビ番組あれこれブログ

テレビ番組のあらすじや感想などの情報をお伝え致します!

朝ドラ べっぴんさんの感想 89話 誕生日に帰宅せぬさくら

f:id:inch40:20160925114746j:plain

平成28年度後期連続テレビ小説「べっぴんさん」の感想です。

 

さくら16歳の誕生日を迎え、その日の朝「今日こそは早く帰って来る」とすみれはさくらに約束します。さくらは、学校帰りにジャズ喫茶「ヨーソロー」に足を運び、思いがけない誕生日のお祝いを受けました。そして、誘われてナイトクラブ「青い月」へ行くことに。そこで出会ったのは、なんと栄輔でした。

 

坂東すみれ(芳根京子)が興す子ども服専門店の創業者をモデルとしたドラマから、

戦後の焼け跡の中で、子ども服作りに邁進する姿を描きます。

 

89話 誕生日に帰宅せぬさくら

 

さくら16歳の誕生日を迎えた朝、

「今日こそは早く帰って来る」と、

すみれはさくらに約束します。

 

しかし、さくらは、

その約束を拒否します。

 

期待に裏切られることの繰り返しは、

もうやめたいとさくらは言いました。

 

期待しては裏切られ、

期待しては裏切られが続くと、

期待することが怖いという気持ちになるのですね。

 

大人でも、そうなのだから、

ましてや高校生という多感な時期なので、

なおさらですね。

 

さくらは、

学校帰りにジャズ喫茶「ヨーソロー」に足を運びました。

 

五月に誘われて店内に入ると、

仲間たちが、ケーキを用意して、

さくらの誕生日を祝福します。

 

そして、

龍一に誘われるままに、

ナイトクラブ「青い月」に足を運びました。

 

仕事に忙しかったすみれは、

さくらと過ごす時間が少なかったことを反省して、

さくらの誕生日を祝おうとさくらの帰りを家で待っていました。

 

しかし、

夜遅くになっても、

さくらは帰宅しませんでした。

 

心配したすみれは、

夜の街に探しに出掛けます。

 

ジャズ喫茶「ヨーソロー」にも、

さくらはいませんでした。

 

ナイトクラブ「青い月」で、

楽しそうに踊っているさくらを発見します。

 

すみれとさくらが押し問答をしていると、

サングラスの男が2人の仲裁に入ります。

 

その男とは、

なんと栄輔でした。

 

朝ドラ べっぴんさんの感想 89話 誕生日に帰宅せぬさくらでした。