テレビ番組あれこれブログ

テレビ番組のあらすじや感想などの情報をお伝え致します!

朝ドラ べっぴんさんの感想 79話 ゆりに英語を教わる明美

f:id:inch40:20160925114746j:plain

平成28年度後期連続テレビ小説「べっぴんさん」の感想です。

 

ベビーナース時代には通じていた英語が、商取引では通じなかったことにショックの明美に、ゆりに英語を教わることになりました。失敗や恥ずかしさを乗り越えなければ、望むものは手に入らないとゆりに諭されます。

 

坂東すみれ(芳根京子)が興す子ども服専門店の創業者をモデルとしたドラマから、

戦後の焼け跡の中で、子ども服作りに邁進する姿を描きます。

 

79話 ゆりに英語を教わる明美

 

アメリカの子供用家具メーカーとの交渉を、

紀夫から任された明美でしたが、

相手の話すビジネス英語が理解出来ませんでした。

 

自分の英語に自信があった明美は、

深く落ち込んでしまいました。

 

自信を失ってしまった明美を、

なんとか励ますことは出来ないものか。

 

明美を案ずるすみれが思いついたのは、

英語が堪能なゆりに英語を教えてもらうことでした。

 

すみれは、

早速、英語の指導をゆりに頼むのでした。

 

しかし、明美は、

英語を教わることを拒みました。

 

再び、英語で失敗することを、

恐れていたからでした。

 

失敗を乗り越えてゆかなければ、

望むものは、手に入れられないと、

明美はゆりに語りました。

 

麻田も、

ゆりを励まします。

 

自分が、

年老いて靴を作れなくなった時に、

明美はどうするつもりなのかと。

 

頼れるのは、

自分自身だけなのだと。

 

麻田からも背中を押された明美は、

ようやく、覚悟を固めて、

ゆりに教わりながら、

英語の勉強を再開するのでした。

 

それにしても、

ゆりの発音する英語は、

とても流暢でしたね。

 

ゆりを演じているのは、

女優の蓮佛美沙子さんです。

 

発音指導も受けて、

英語を勉強中なんだそうです。

 

さすが女優さんですね。

 

蓮佛美沙子さんは、

ドラマ「37.5℃の涙」でも出演していましたね。

 

 朝ドラ べっぴんさんの感想 79話 ゆりに英語を教わる明美でした。