テレビ番組あれこれブログ

テレビ番組のあらすじや感想などの情報をお伝え致します!

新ミナミの帝王 映画鑑賞前にテレビ放送 BRADIO主題歌とエキストラ

f:id:inch40:20160923195357p:plain

千原ジュニア主演のドラマ「新ミナミの帝王」が、「劇場版 新・ミナミの帝王」として映画公開されます。映画鑑賞前に、テレビ放送で、第12話「命の値段」と第13話「光と陰」が放送されます。主題歌を歌うBRADIOが、エキストラとして出演します。

 

2017年冬ドラマ情報です。

新ミナミの帝王 映画鑑賞前にテレビ放送 BRADIO主題歌とエキストラ

 

 

番組情報

 

■タイトル:新ミナミの帝王 第12話「命の値段」第13話「光と陰」

 

■放送局:関西テレビ

 

■放送日:第12話→2017年1月9日(月) 14:50、第13話→2017年1月14日(土)15:00

 

■出演者:千原ジュニア、大東駿介、赤井英和、奥村佳恵、高橋メアリージュン、冨家規政、板倉チヒロ、木下隆行、テイ龍進、猪俣三四郎、升毅、大路恵美、須田瑛斗、前川泰之、大橋てつじ

 

■主題歌:BRADIO 「Get Money」

 

新ミナミの帝王 映画公開

 

2017年1月14日、

千原ジュニア主演の「劇場版 新・ミナミの帝王」が、

なんばパークスシネマ、新宿ピカデリーほか映画公開されます。

 

www.shin-minami-the-movie.com

 

“トイチ”で金を貸す大阪ミナミの高利貸しの萬田銀次郎(千原ジュニア)は、

どんな手を使ってでも、借金を取り立てる「ミナミの鬼」と恐れられている。

 

お笑い芸人の色が濃い千原ジュニアさんが、

「新ミナミの帝王」で、萬田銀次郎役として、

俳優としての活躍を見せる作品は興味深いです。

 

いつも笑わせている千原ジュニアさんが、

役者に変身する「新ミナミの帝王」に注目です。

 

ドラマ「新ミナミの帝王」あらすじ/ネタバレ

 

ミナミの金貸し・萬田銀次郎(千原ジュニア)は、

ある夜、街に響く銃声を耳にする。

 

撃たれたのは銀次郎の顧客・轟洋二郎(猪俣三四郎)。

 

轟は大事そうに持っていた手帳を銀次郎に託すと、

そのまま力尽きた。

 

その日から銀次郎に怪しい影がつきまとい始めた。

 

ミナミの大物・沢木英雄(赤井英和)によれば、

ある組織が銀次郎の命を狙っているという。

 

一方、銀次郎の舎弟・坂上竜一(大東駿介)は、

カフェの美人オーナー・篠宮凜(高橋メアリージュン)に恋心を抱き、

店の資金繰りに追われる凜を支えようと銀次郎から借金をしていた。

 

そんなある日、

馴染みの喫茶店を訪れた竜一は、

客を装って現れた男に突然拘束される。

 

男は爆弾を仕込んだベストを竜一に着せると、

1億7千万円を用意しなければ爆破すると脅迫。

 

人質になった竜一は銀次郎に電話で助けを求めるが、

まずは男の正体を突き止めろと突っぱねられてしまう。

 

そこに、たまたま店にやって来た凜が、

事情を聞き金を出すよう銀次郎を説得すると息巻いて出て行く。

 

まもなく、竜一は男の正体に気づく。

 

男は以前、

銀次郎に借金を断られた長谷川善正(木下隆行)だった。

 

重い病気を患う8歳の娘のため、

心臓移植手術の費用を借りようとするも、

高い利息を免除してほしいと泣きつき、

追い返されていたのだ。

 

同じ頃、

拘束されているのが竜一と知り、

なぜか動揺する南逢坂市長・遠藤武晴(テイ龍進)と、

議員の小林直純(冨家規政)の姿が。

 

新ミナミの帝王 映画鑑賞前にテレビ放送 BRADIO主題歌とエキストラでした。