テレビ番組あれこれブログ

テレビ番組のあらすじや感想などの情報をお伝え致します!

ドラマ-朝ドラ-半分、青い

朝ドラ 半分、青いの感想 21話 鈴愛の就職先が決定する

平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い」の感想です。 鈴愛の就職先が決定して良かったですね。高校卒業後の進路が決まりましたが、仲間たちが将来の夢や目標を持っている中で、鈴愛には何の目標もないことに焦りを感じた鈴愛です。鈴愛が夢中になってい…

朝ドラ 半分、青いの感想 19話 鈴愛のはじめてのデート

平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い」の感想です。 北斗の拳ケンシロウの「お前は既に死んでいる」を思い出させる律の「お前はすでにフラれている」に笑ってしまいました。鈴愛にとって人生はじめてのデート、律から具体的なアドバイスを受けていたの…

朝ドラ 半分、青いの感想 18話 鈴愛がデートに誘われる

平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い」の感想です。 バス停で出会った西高校・新聞部の青年とついに鈴愛が「明治村」でデート。その鈴愛とデートを快く思わない律の姿も描かれていました。家族や律にまで、運命の人とのデートを語ってしまう鈴愛。弟曰…

朝ドラ 半分、青いの感想 17話 鈴愛にも運命の出会い?

平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い」の感想です。 ついに鈴愛にも運命の出会いが訪れたのだろうか。落としたカセットテープを手渡した青年は、再び、バス停で待つ鈴愛の前に表れたのでした。青年の振り返った顔を見て「微妙」とは失礼な。「カセット…

朝ドラ 半分、青いの感想 16話 恋愛話とは縁のない鈴愛

平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い」の感想です。 リゾート会社が計画したテーマパーク「ぎふサンバランド」計画の住民説明会は、バブルを反映したのか派手でしたね。高校生の鈴愛は、今まで恋愛話とは縁がなかったのでしょうか。男女共学の高校だし…

朝ドラ 半分、青いの感想 15話 律が恋した少女の名は清

平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い」の感想です。 松任谷由実(ユーミン)の大ヒットソング「守ってあげあい」が、朝ドラ「半分、青い」で流れるとは思いませんでした。律の運命の出会いとなる少女の名前は「清」でした。携帯やスマホのない時代、名前…

朝ドラ 半分、青いの感想 14話 律が一目惚れした美少女

平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い」の感想です。 朝ドラ「半分、青い」第14話で、謎が分かりました。律と鈴愛は、なぜ同じ高校に通っているのか。律の頭であれば、もっと上位高に進学してもおかしくないと思っていました。律が一目惚れしたのは、他…

朝ドラ 半分、青いの感想 13話 高校三年生になった鈴愛

平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い」の感想です。 高校三年生になった鈴愛は、律やブッチャーと同じクラスでした。失聴した鈴愛の左耳は、滑舌の悪い教師や声の小さな教師の授業を聞き取るために、付け耳をすることがありました。教師にとっては、鈴…

朝ドラ 半分、青いの感想 12話 落ち込む晴を励ます鈴愛

平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い」の感想です。 落ち込む晴を励まそうと、聴力を失った左耳の中で踊る小人たちの世界を鈴愛と律が、ゾートロープ(回転のぞき絵)を作って、家族に見せました。小学生が作る作品とは思えない素晴らしい出来だと思いま…

朝ドラ 半分、青いの感想 11話 律の前で初めて涙を流す

平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い」の感想です。 鈴愛が、律の前で大粒の涙を初めて流した第11話。今まで、鈴愛が泣くと、みんなが泣いてしまうと気を遣って、泣きたいのを堪えていたのですね。体育の平均台の授業で「ヤモリ」と叫んで、鈴愛を助け…

朝ドラ 半分、青いの感想 10話 鈴愛の左耳の失聴が判明

平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い」の感想です。 加藤茶と志村けんが流行らせた「ヒゲダンス」、懐かしいですね。「元気なときの左耳にバイバイ言えんかった。」、鈴愛の左耳の失聴が判明して、鈴愛が発した言葉です。朝ドラ「半分、青い」第10話は…

朝ドラ 半分、青いの感想 9話 鈴愛が耳の異変を訴える

平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い」の感想です。 「口裂け女」、懐かしいフレーズが飛び出しましたね。社会問題となった「口裂け女」の発祥、実は岐阜県だったという。「ブッチャーは鈴愛が好きなので、からかう理由が欲しいだけ。」と分析して見せ…

朝ドラ 半分、青いの感想 8話 鈴愛が律にケガをさせる

平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い」の感想です。 鈴愛が律にケガをさせてしまったのは、自分の名前が原因だと言うことをぐっと堪えた鈴愛の気持ちが切ない気持ちでした。晴を傷つけたくなかったのですね。そして、鈴愛が初めて、めまいを感じてしま…

朝ドラ 半分、青いの感想 7話 和子が語る鈴愛と律の絆

平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い」の感想です。 鈴愛と律って、お互いに強い絆で結ばれているのですね。互いに支え合いながら学生生活を謳歌する鈴愛と律が羨ましく思いました。そのことを、晴に和子が語る姿も素晴らしい。勉強が出来る律でさえも…

朝ドラ 半分、青いの感想 6話 通話中、川に転落する律

平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い」の感想です。 「時代背景がおかしい」と揶揄されていた朝ドラ「半分、青い」ですが、謎が分かりました。「つくし食堂」には、「マグマ大使」や「あしたのジョー」などの父親の好きな漫画がずらーりと並んでいた。…

朝ドラ 半分、青いの感想 5話 長距離糸電話が完成する

平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い」の感想です。 律の力を借りて作った長距離糸電話の実験を試みる鈴愛。通話の実験をするために、鈴愛の苦手なブッチャーを呼び出した律、その理由が面白かったです。渡し船は強風のため出なかったものの、橋を使っ…

朝ドラ 半分、青いの感想 4話 小学三年生になった鈴愛

平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い」の感想です。 律の家で出されたシフォンケーキと紅茶には驚き。小学三年生の鈴愛がおやつとして食べるにはハイカラ過ぎです。永久機関を考えている律やピアノを弾くことも驚きでした。発明家を目指す律が考案した…

朝ドラ 半分、青いの感想 3話 同日生まれの男の子は律

平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い」の感想です。 同日に生まれた男の子の名前は「律」。和子が弾くピアノの旋律が由来なのでしょうか。一方、晴から生まれた女の子は「鈴愛(すずめ)」と名付けられました。病室から見た“雀”が由来だと知るとショック…

朝ドラ 半分、青いの感想 2話 ヒロインの母・晴の陣痛

平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い」の感想です。 赤ちゃんなのに、セリフをしゃべるパターンは珍しいかも。ヒロインの母・晴の陣痛と同時に、写真館を営む萩尾夫妻の妻・和子も陣痛が始まりました。岡田病院の新生児室で、2人の赤ちゃんが初対面。…

鶴瓶の家族に乾杯 恵那市を朝ドラ「半分、青い。」の佐藤健が

2018年4月9日(月)は「鶴瓶の家族に乾杯」を放送します。朝ドラ「半分、青い。」に出演している佐藤健が、朝ドラの撮影地となった岐阜県恵那市岩村町からスタートする「鶴瓶の家族に乾杯」。どんな家族に出会うのか楽しみです。 2018年バラエティです。 鶴瓶…

朝ドラ 半分、青いの感想 1話 赤ちゃんがもうすぐ誕生

平成30年度前期連続テレビ小説「半分、青い」の感想です。 岐阜県のふくろう商店街が舞台の朝ドラ「半分、青い」が始まりました。星野源さんの歌う主題歌「アイデア」に合わせた落書きは面白い演出だと思いました。豪華な俳優陣の朝ドラ「半分、青い」の始ま…

半分、青い ロケ地岩村町の岩村城と城下町かめや菓子舗カステーラ

2018年4月2日(月)からスタートする朝ドラ「半分、青い」のロケ地は、岩村町で行われました。「日本百名城」に選定された本丸周辺の石垣が見事な「岩村城」と昔の面影を堪能出来る城下町へ足を運んだら、是非、かめや菓子舗のカステーラをご賞味下さい。 2018…